忍者ブログ
鉄彫刻 前野悦子 ホームページ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10
Posted by - 2018.11.14,Wed
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by 前野 悦子 (まえの えつこ) - 2011.09.22,Thu
P1000079.JPGP1000082.JPGP1000083.JPG













          2011年 W15XD10XH40cm ¥68,000.-


深い海の底から太陽の輝く水面を目指して泳ぐ人魚の作品『セイレーン #2』

#1は昨年売れたのですが、水の表現を替えて制作してみたかったので#2が生まれました。

人魚が水面を目指して泳ぐ姿を現しているから、正面は後姿なんです^^

現在感無料に展示してあるので、人魚と水面を目指して上に向かっていく気分を一緒に

味わってみてください!
 
PR
Posted by 前野 悦子 (まえの えつこ) - 2011.09.22,Thu
P1000069.JPG

 






  2011年 W70XD50XH180cm ¥130,000~  
  
  (写真のものは売約済み)


 
P1000071.JPGP1000070.JPG 










「上着掛けが欲しい」とのご要望で制作した『木守りソヨゴの衣装掛け』。

 ところどころにソヨゴの実やその実を狙う小鳥たちを配しました。

 これまで「伊豆高原 感無料 MUSEUM」に展示していましたが、

 もうそろそろ上着掛けが活躍する時期なので、お客様に納品する予定です。

 お客様の元で可愛がって貰ってね!
Posted by 前野 悦子 (まえの えつこ) - 2011.08.11,Thu
8月は伊東で夏祭りが毎週のように開催されています。

4夜連続開催された伊東夢花火、松川の灯籠流し、海上打ち上げ花火が10,000発上がる
伊東按針祭、そして9日には伊豆の天城や関東の太鼓団体の皆様の太鼓演奏と打ち上げ
花火が繰り広げられる太鼓合戦。


今年はこの太鼓合戦に石巻雄勝町の黒船太鼓のメンバーが参加してくださいました。


今年の太鼓合戦に石巻雄勝町の方々を招待したのが、雄勝黒船太鼓との交流会実行委員長の
大川光浩さん。

実行委員長の大川さんは、3・11後、「東北に何かしたい」という強い思いを抱く中、インターネット
で知り合った石巻雄勝町の音楽家・四倉由公彦さんと知り合いました。

四倉さんは音楽レーベル「涼音堂茶舗」に所属している音楽ユニット「Coupie(クーピー)」の
yukki(ユーキ)として主に東京・京都で音楽発表をされていらっしゃる石巻在住の音楽家さん。

音楽ユニット「Coupie」さんについてはこちら→ http://www.ryoondo-tea.jp


そして四倉さんのお父様は雄勝の名産“硯”製造会社の代表取締役とのこと。

津波の災害直後、東京駅の屋根の復旧に使用する玄昌石を納品する為大川さんが四倉さんを協力する中で、雄勝の黒船太鼓の現状を知り、今回の太鼓合戦への招待へ繋がったとのこと。


津波災害の後、誰もが混沌とした状況の中にありながら、被害の状況と被災地の情報を発信していく、四倉さんのその発信能力と精神力の強さに驚き、また、東北に全く知人がいない中、「何とかしたい」というその思い一つで、ここまで周りを動かして実行委員会を立ち上げ、雄勝黒船太鼓との交流を実現してしまう、大川さんの実行力を尊敬します。

SN3B0377.jpg










9日は暑かったものの天気は晴れて、力強い太鼓の音色が伊東の町に響きました。


伊東ー石巻雄勝町往復約20時間かけて伊東へ素晴らしい演奏を届けてくださった黒船太鼓の皆様!
本当に本当にありがとうございました!!


私の仙台・石巻の家族もそうですが、今もそれぞれにいろいろな思いを胸に、毎日を必死に、賢明に生きています。

その“命の響き”が太鼓の音色からしっかりと私達の胸にも伝わってきました。


ca82f384.jpeg
 
 
 
  (石巻雄勝町の姉の家付近から自分の服を見つけて来て、
   服の泥を河原で洗い流す母と姉。まるで日本昔話しです!
   みんなたくましく生きてます!) 





今回の震災は“繋がることの強さ”を私に教えてくれました。


株式会社 大川組の専務取締役というお仕事もありながら、毎日雄勝の支援活動に睡眠時間を削って奔走されている大川さんにただひたすら感謝です。

大川さんと四倉さんが繋いだ雄勝と伊東の絆はこれからも互いに行き来する交流として続くそうですし、今は大川さんの発案で、伊東在住の画家さん内田進さんと私とで、雄勝と伊東の交流の証“うちわ”を製作して雄勝へお贈りするため準備中です!


私も3・11から、季節が移ろっても心が置き去りで、物事が目の前をただ通り過ぎていくような日々でしたが、大川さんから実行委員会参加へのお誘いを頂き、皆さんの力強い活動・思いを見せて聞かせて頂く事で、私自身がとても励まされました。


埼玉在住の造形作家・佐藤伊智郎さんは、3・11後、「アートで復興支援を」との意志から、経済活性を目指して「アートのちから」実行委員会を立ち上げ、7月末に東京で開催された「東京アートフェア」でスタンプラリーを開催するため、銀座の画廊に協力を求めて、身を粉にして賛同してくれる画廊の協力を仰ぎ、スタンプラリーを開催されました。


『アートのちから』ホームページはこちら→ http://www.art-chikara.com/

造形作家・佐藤伊智郎さんのホームページはこちら→ http://www.geocities.jp/ichiro_art/


私がいつもお世話になっている栄養補助食品製造会社の佐野道子社長は先日DHA・コンドロイチン・グルコサミンのサプリメントを300個寄付してくださいました。

復興の為にこうして心血を注いで活動されていらっしゃる多くの方々に心より尊敬と感謝の念をお贈り致します。

皆様の人を思う強く熱い思いに今日も励まされて生きる前野でした・・・みんなありがとう。
1e2906bb.jpg
ba6210ce.jpeg










★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ Bistoro Cocottes 情報 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ここからは、多くの皆様にご心配を頂いた妹夫婦のお店「Bistoro Cocottes」のご報告を致します。


deb10913.jpeg  築昭和21年のバラック小屋が立ち並ぶいろは横丁内で、昨年11月
  から「Bistro Cocottes」を開店した妹夫婦も、お陰さまで何とか
  今日もお店を開いて皆様のお越しをお待ちしてます!

  二人は飲食店の使命を果たそうと、3・11の翌日からおにぎりだけ
  でお店を開いていました。
  
  東京から仙台に引っ越して5ヶ月後、お店をオープンして4ヶ月後の
  震災だったので、二人はクタクタになりながらも本当によく頑張り 
                     ました。 妹夫婦ながら、二人の精神力に只々感服です。

cf32b530.jpeg 
  07c726b4.jpeg
321f4547.jpeg
    
    



ガスの開栓まで2ヶ月掛かったけど、それまでは家庭用電気調理器で二人は頑張っていました。

地元紙の河北新報でいろは横丁のガス復旧が遅れていると報じられたところ、大阪の業者さんが
支援に来てくださって、やっと2ヶ月でいろは横丁にガスが開通したそうです。

その後は宮城テレビさんが、いろは横丁のガス復旧を報じてくれたそうで、沢山の皆様のご協力を
頂いて、Bistoro Cocottesは5月に完全復活!!

仙台にお越しの際は、是非「Bistoro Cocottes」の看板“赤鼻のおじさん”を目指していろは横丁へ
お立ち寄りくださいませ。^^

a7ba886e.jpeg6274d3c6.jpg
  

   ツイッターでBistoro Cocottesの今日のおススメ料理が
   分かります!是非のぞいてみてください^^ 


Posted by 前野 悦子 (まえの えつこ) - 2011.07.25,Mon
SN3B0340.jpg

 伊豆高原『感無料 Museum』がオープンして約4ヶ月。

 先日館内を模様替えして、ミュージアムショップも初めました!

 私は睡蓮のローソク立てとポストカード、マルマルクーチンを用意しました!

 それぞれの作家さんも、お手頃な価格で作品を販売しているので、一度
 美術館へいらした事のあるお客様も、是非また覗いてみて下さい(^-^) 





SN3B0325.jpg



  ・ポストカードスタンド¥30,000
  ・ポストカード7枚組  ¥1,000
  ・Malu-Malu Kucing  ¥5,000
  ・睡蓮ローソク立て   ¥9,800



SN3B0333.jpg

 
   睡蓮のローソク立ては、ティーライトキャンドルタイプと
 普通のキャンドル用の2種類です。

 ティーライトキャンドルタイプには立て芯が無く、
 普通のキャンドル用には立て芯があります。
 

Posted by 前野 悦子 (まえの えつこ) - 2011.07.20,Wed
私の仙台の大学で彫刻の先輩だった石の彫刻家・日下育子さんが、ご自身の運営するブログサイト「学び場美術館」で、私の制作活動をインタビューし掲載してくださいました!

仙台在住の日下さんは震災直後の混乱の中で娘さんを出産し、今も子育ての合間を見つけてはブログで文章表現をされていて、そのたゆみない努力に同じ女性として尊敬の念を抑え切れません。

震災直後も、お腹に娘さんがいた日下さんは、とても冷静に判断・行動されていて、私の方が逆にうろたえていました。(^-^;)

さすが雨の日も風の日も雪の日もコツコツと石を叩き続ける東北の彫刻家さん!!

只々“尊敬”の一言に尽きます・・・。

そんな日下さんの作品は石なのに繊細でとても女性的だな~と思って拝見していました^^


「学び場美術館」はこちら→ http://ameblo.jp/mnbb-art/theme-10039424472.html

日下育子さんのホームページ「彫刻工房  くさか」はこちら→ http://kusaka.p-a-o.net/


日下育子さんの運営するブログサイト「学び場美術館」は、今後も仙台で活躍する作家さんを応援・紹介していくそうです!!
プロフィール
HN:
前野 悦子 (まえの えつこ)
性別:
女性
自己紹介:
E-mail:maeno_etsuko@yahoo.co.jp

仙台市生まれ。
東北生活文化大学で彫刻を学ぶ。
海の見える伊豆の山小屋で制作中。
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
[08/30 大川光浩]
[08/30 大川光浩]
[08/29 Abe@蛇田]
[08/24 山岡要子]
[08/15 maeno]
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析
フリーエリア
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]